男子も気にする肌の悩み!正しいスキンケア方法紹介

2019年10月5日

Pocket

こんにちは、Tです。

 

近年スキンケアに気を使う男性が多く増え、20代は半数

30代は4割と基本的な化粧品を使い肌をケアする男性が

増えてきました!

 

その、理由はいろいろありますが、何よりも「ニキビ・シワ」

「肌トラブルに悩んでいる」というような悩みがあり、

 

スキンケアに対して、女性よりも男性の方が詳しく調べ、女子力が高い

男性が過去よりも年々増えてきました。

 

このような、女子力が高い異性に対して女性の9割がスキンケアをして

いる男性を推奨しており、7割がポイントメイクに

理解を示しています。

 

女性ならまだしも、男性にとってスキンケアとは基本身近ではなく、

肌のお手入は「何を始めたらいいのか」分からない、

 

と言った方が多いのではないのでしょうか?

 

私も、全くスキンケアのことはさっぱり分からなかった

うちの一人です!

 

また、既にスキンケアを始めてみたものの、中々効果がでなくて

落ち込んでいる方も中にはいらっしゃると思います。

 

それはもしかして、正しいスキンケア・順番が間違っている

可能性が高いです。

 

誰が見ても、キレイだなと思う肌を手に入れるのは、スキンケアの

順番がものすごく重要となっています。

 

せっかく良いものを買って肌を改善しようと思っても、順番が間違って

いたら、高い効果を実感することができません!

 

ではここで、男性が悩んでいる肌の悩みと正しいスキンケアに

ついてお話をしてきます。

 

男性が気にする肌の悩み予防

 

 

男性はこのトラブルを主に悩んでいます

 

  • カミソリ負け42,0%(20代43.6%、30代40.4%)
  • ニキビ跡41.7%(20代46.7%、30代36.7%)
  • 乾燥肌20%(20代17%、30代24%)
  • 目の下クマ19.6%(20代16.4%、30代22.8%)
  • 毛穴16.5%(20代16.5%、30代18.6%)
  • オイリー肌15.2%(20代17.8%、30代12,2%)
  • 敏感肌9.5%(20代10.5%、30代6.7%)
  • しみ5.5%(20代3.2%、30代7%)
  • くすみ3.5%(20代4.8%、30代4.2%)
  • しわ6.2%(20代4.9%、30代6.9%)
  • たるみ3.8%(20代2.3%、30代5.2%)

 

 

この数字から分かることは、女性と同じで男性も日々肌トラブルに

悩んでいます!

 

やはり一番多いのが、ニキビ「跡」についてですね。

 

ニキビの対処方法はいろいろありますが、気をつける

ところは基本的にシンプルです

 

栄養バランスを考えた食事を摂ることと、睡眠時間をしっかり

7.5から8時間毎日寝ることと、最後に一日に溜まったストレス

をその日のうちに発散することです。

 

さらに深く説明すると、このような予防・改善方法が

一般的です

 

1:ハンドソープでキレイに爪先や手の平をよく洗います。

(手荒をしやすい人は石鹸で洗うといいです)

2:洗顔用をつける前に32.1ぐらいのぬるま湯で良く顔を洗い

軽く汚れを落としておきます。

3:洗顔フォームをよく泡立てて、Tゾーンをに泡をのせて優しく

円をかくように洗っていきます。泡立てることが苦手な人は

泡洗顔料を使って洗顔をするのがオススメです。

(4000円以上の洗顔料を使うのが一番良いです)

(泡立てネットを使って、しっかり泡立てます)

4:アゴ回りやUゾーンも泡をのせて丁寧に洗っていきます

(髪が長い人は洗顔をするときにヘアバンドを使いましょう)

5:生え際やおでこなどに泡が、残っていないかよくすすぎ

32.1度のぬるま湯で十分に洗います。

(泡が残っている状態だとそこから肌トラブルの元になります)

6:キレイなタオルで優しく水分を吸い取りましょう。

(赤ちゃんを抱っこしているような気持ちでやさしく拭き取ります)

 

これが洗顔での基本とされているスキンケアです。

 

化粧水編

 

 

洗顔をしたから「肌がキレイ」「もう何もしなくてもいい」

みたいなことはありません!その先の続きがあるんです。

 

顔をただぬるま湯で洗っただけで、キレイな肌をしている人は

そう簡単にいません。遺伝が関係しているみたいですね。

 

では、洗顔後のスキンケアについてお話をしていきたい

と思います。

 

化粧水の正しい使い方

 

化粧水を使うときは、500円玉ぐらいの量を出して

 

  • 手に直接つける
  • コットンに化粧水を染み込ませて塗る
  • 洗顔後になるべく早くつける

 

ことが何よりもポイントです。

 

手で直接つけることで化粧水が、体温で温められ、肌へ浸透

しやすくなります。

 

また、「手が汚れるのがヤダな」という方はコットンを

使ってケアするのがオススメです。

 

洗顔後は、肌の水分・皮脂が失われているので、できるだけ早く

化粧水をつけて肌に潤いを補充してあげる必要があります。

 

 

では、化粧水の付け方を見ていきましょう

 

化粧水をつける手順

1:手のひらに適量出す

メーカーによって違いますが、迷ってしまったら、500円玉程度の量を

目安にして下さい。(一般的推奨使用量は5ml程度です)

 

2:顔全体を包み込むように化粧水を優しく馴染ませる

馴染ませた後、頬、鼻、おでこの順に指の腹を使って

いくと効果があります。

 

3:再び化粧水を手に取って、口元、目元につけていく

口元、目元は乾燥しやすいので、最後に化粧水で重ねづけを

すると、しっかり保湿できます。

 

※化粧水は、つけすぎると肌内部の水分を奪ってしまうので

注意しましょう。

 

肌が、ベタつかなくなったら十分に浸透しているサインです

 

 

乳液編

 

 

乳液をつける時は、

 

  • 手で直接つける
  • Tゾーンにを塗る時は量を抑える

 

ことを意識しつつ、乳液を塗っていきましょう。

 

乳液の正しい使いかた

 

1:適量を手に出す

一回の使用量は大体、一円玉程度の大きさを目安に

して下さい、。(一般的な使用量は0.3程度です)

 

2:目元や口元に乳液をつける

皮膚が薄い口元、目元は乾燥しやすい部分なので

一番最初に、つけるようにしましょう。

 

3:乳液を頬につけえる

手のひらで包み込むように、頬に乳液を馴染ませ、

肌に強い刺激を与えないようにつけましょう。

 

4:Tゾーンにつける

皮脂量が多いTゾーンは最後につけて下さい。

鼻や、額にテカリが気になる人はつけなくても

いいです。

 

化粧水と乳液は、手につけることによって体温で温められて

肌の奥に浸透しやすくなります。

 

そして、いっぱい化粧水等をつければいいのではなく、

かえって肌の調子が悪くなりますので、

 

つけすぎには、注意しましょう!

 

おわり

 

美意識が、女性と同等もしくはそれ以上になってきた

男性人ですが、その裏にある気持ちとは「女性にモテたい」

 

常に「自分自身をキレイに保ちたい!」という感情が

込められています。

 

やはり男をつき動かせるものとは、「悩み」や「異性」に対して

の問題をなくし、それらを克服して、武器にすることだと

思っています。

 

人は初めて合う人と合った瞬間に自分に対しての第一印象が

決まってしまいます。

 

そこでマウントを取られたり、マイナス印象を与えないように

見た目、スキンケアにまで気をつかい、ビジネス人間関係を

築いていきます。

 

また、第一印象が悪いと女性から一発目の発言から「キモ」

と言われるかもしれません!

 

なので、世の男性人はスキンケアを今まで以上に気をつかい

自分磨きに励んでいるのが最近の傾向です。

 

いかがだったでしょうか?

 

スキンケアや自分磨きを頑張っている男性がビジネスや異性

に自信を持ち始めて、少しづつですがポジテイブになって

いきます。

 

自分磨きは最高の投資なんですよね。

 

今日は、ここまでです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悩み

Posted by トミ